2010年01月30日

<賠償訴訟>被告所持品の返還拒否は違法 東京地裁判決(毎日新聞)

 詐欺罪などで有罪が確定した20代の中国人女性の弁護人が、被害弁償などのため押収品でないキャッシュカードの返還(宅下げ)を求めたのに、検事や警察官に拒否されたのは違法として、国と東京都に約300万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(広谷章雄裁判長)は27日、3万6720円の支払いを命じた。宅下げを巡る判決は珍しいという。

 原告は吉田秀康弁護士。女性が公判中の07年9月、逮捕時に所持していたキャッシュカードの返還を求めたが拒まれ、「押収品でもない所持品の返還拒否に法的根拠はない」と訴えていた。判決は「押収手続きが進行している場合などを除き、弁護士は所持品の返還を受ける権利を保障されている」と指摘した。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
詐欺容疑:旅館買収巡り3億円、桑田さんの元義兄逮捕
和牛商法:「ふるさと牧場」社長に懲役12年 東京地裁
詐欺:故笹川氏の孫と偽り5千万円詐取の疑い 女を逮捕
詐欺:東電元社員ら逮捕 融資金2.4億円詐取の疑い
振り込め詐欺:2グループ15人、未遂容疑で逮捕

鳩山首相 施政方針演説 「いのち守る」の理念を強調(毎日新聞)
【十字路】朝青龍関をモデルにした仏像に願いを込める「願文」(産経新聞)
小沢氏、国会で党務こなす(時事通信)
<屋久島>縄文杉登山道でがけ崩れ 復旧の見通したたず(毎日新聞)
妻子殺し自首の男、犯行後に勤務先で料理の下ごしらえ(産経新聞)
posted by ムラカワ ヒロシ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MDMA1万4000錠所持=容疑で密売のコロンビア人逮捕−末端価格1億円(時事通信)

 合成麻薬MDMA約1万4000錠など末端価格約1億円の薬物を密売目的で所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課と荒川署は29日までに、麻薬取締法違反容疑などで、コロンビア国籍の東京都港区南麻布、無職ウイルス・ダリオ・バルコ容疑者(43)を現行犯逮捕した。
 同課によると、容疑を認め、「2007年ごろから六本木のクラブや喫茶店で密売を始め、月200万〜250万円を売り上げた」と供述しているという。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
覚せい剤で起訴の警部補を免職=「数回使用」「後悔している」
覚せい剤密売で組幹部逮捕=ロッカーやごみ箱に隠す

小沢氏の国会招致に否定的=民主・輿石氏(時事通信)
診療時間内で対価得られる診療報酬を−日医・中川常任理事(医療介護CBニュース)
ビル陰対策が課題=地デジ完全移行まで1年半(時事通信)
上げ馬神事 馬虐待?未成年に酒?三重県が適否調査へ(毎日新聞)
市長が計画中止を正式申し入れ…どうなる、堺のチンチン電車(産経新聞)
posted by ムラカワ ヒロシ at 00:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。