2010年01月26日

節分「招福巻」は普通名称 イオンが逆転勝訴(産経新聞)

 節分に丸かじりする縁起物の巻きずし「招福巻」を商標登録している大阪市中央区の老舗すし店「小鯛雀鮨(こだいすずめずし) 鮨萬」が、「十二単(ひとえ)の招福巻」の名称で巻きずしを販売した大手スーパー「イオン」に、名称使用の差し止めと約2300万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が22日、大阪高裁であった。塩月秀平裁判長は、商標権侵害を認めて使用差し止めと約51万円の支払いを命じた1審大阪地裁判決を変更、鮨萬側の請求を棄却した。

 鮨萬は昭和63年に商標登録。「招福巻」が節分用巻きずしの商品名として普通名称かどうかが争点となり、1審判決は「招福巻」が広辞苑に収録されていないなどとして「普通名称とはいえない」と結論づけた。

 これに対して塩月裁判長は「遅くとも平成17年以降は多くのスーパーで『招福巻』の名称が用いられ、特定の業者の商品と認識する者はいなくなっていた」と指摘。「招福」は11年発行の新辞林に記載されているほか、広辞苑にも20年発行版から載っているとして、「『招福巻』は巻きずしを示す商品名として、遅くとも17年には普通名称になっていた」と認定した。

 イオンは「当社の主張が認められたと理解している」とコメントしている。

【関連記事】
偽装請負訴訟でパナソニック側の事実上の逆転勝訴確定 最高裁
女性側の逆転勝訴が確定 「兼松」の男女賃金格差訴訟
「行列の…」住田弁護士の逆転勝訴確定 ダイエット記事名誉棄損
成績表提出はプライバシー侵害にあたらず 早稲田中など逆転勝訴
「週刊現代」記事訴訟で講談社逆転勝訴 広告は「刺激的・誇張的」

<消費者庁>新手の詐欺的商法で対策チーム 22日に初会合(毎日新聞)
聴覚障害裁判員候補 手話通訳の手配怠る(産経新聞)
「大寒」でも春の陽気=沖縄は夏日−気象庁(時事通信)
MDMA受領認める=押尾容疑者、泉田被告から−女性急変時刻、徐々に訂正・警視庁(時事通信)
核不拡散強化を協議=アジア17カ国で国際会議(時事通信)
posted by ムラカワ ヒロシ at 17:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ペルー人一家>脳腫瘍長男のみ退去取り消し…東京地裁判決(毎日新聞)

 神奈川県厚木市のペルー人一家4人が国を相手に退去強制命令取り消しなどを求めた訴訟の判決で、東京地裁は22日、脳腫瘍(しゅよう)の手術を受けた高校1年の長男(16)のみ命令を取り消し、父母と小学6年の長女の訴えは退けた。杉原則彦裁判長は「ペルーの医療水準は高いとは言えない」と述べた。家族で別の判断が出るのは異例。

 判決によると父母は91〜92年に偽造旅券で不法入国。日系人夫婦を装って在留資格を受け、長男と長女が生まれた。母は偽造された外国人登録証を使ったとして07年6月に有罪確定。一家は08年4月、東京入管から退去強制命令を受けた。長男は命令後の09年4月に手術を受けていた。

 判決は長男について「日本で経過観察や治療を続ける必要がある」と判断。他の3人は「父母の入国や在留は悪質。長女は帰国しても環境の変化に順応できる」と指摘した。

 原告側の山口元一弁護士は「病気の不安を抱えた長男が1人で残っても生活は難しく、判決は承服できない。法相の在留特別許可に期待したい」と話した。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
偽造旅券:中国人ら224人に発送 2被告報酬350万円
不法入国容疑:比国籍の女逮捕 背後に偽装婚組織?
不法入国:容疑で比国籍の女逮捕 背後に偽装結婚組織?−−埼玉
電気通信事業法違反:無届けでネット接続中継 容疑で28歳再逮捕 /神奈川
覚せい剤密輸:中国から、容疑者逮捕 リーダー格か /神奈川

昨年9月に暴行把握=区側に歯科医連絡−東京・江戸川の小1男児死亡(時事通信)
愛知県職員に無罪判決=電車内痴漢で起訴−名古屋地裁(時事通信)
峰崎財務副大臣が引退へ=参院選、後継に新人擁立−民主道連(時事通信)
<巻きずし商標権>イオンが逆転勝訴…大阪高裁判決(毎日新聞)
自民中堅が政策グループ「のぞみ」 山本有二氏ら5人(産経新聞)
posted by ムラカワ ヒロシ at 03:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。